So-net無料ブログ作成

◆開設◆ 公式HP→ http://yonetani-yoneko.jimdo.com/

[かわいい]cross fm 「Weekend Jazz」(土日)22:00~23:00  ナビゲーター

[るんるん]米谷奈津子です。フリーランスでお仕事しています。お仕事のご依頼など

  このページ左側の メールアドレスで ご連絡をお願い致します[るんるん]

美術鑑賞なんだけれども。 [今日のできごと。]

九州国立博物館で開催中の「ゴッホ展」を見てきました。
今度の日曜までだから、ギリギリセーフ!

そこで、気になる光景に出くわしました。何度も!

“ゴッホの絵の真正面で、絵を観ないお客さん”です。

え~ぇ~ んなわけないじゃ~ん
ですが、実際、物理的にそうなっていることが非常に多いこと!
かく言う私も...実は、美術鑑賞で気にしているコトなのです。

というのは、
たくさんの来場者がいると行列ができて、
絵画を眺める速度は自分の思うようにはならず、
多くの場合、ゆ~っくり進むことになります。
しかし、絵を観たい気持ちは次へ次へと急いていきます。
そこで珍事が起きるのです!

“こっちの絵画を見るエリア”にいるのに、早くも“あっちの絵画”を見ている状態。
つまり、こっちの絵画の最短至近距離(真正面)にいるにもかかわらず、
視線は、あっち。
わかります?
ゴッホの絵を真正面に観ている二列目の私にとっては、
フツーならば一列目の人の後頭部が見えるはずなのですが、
ではなく、完璧な横顔が見えるのです。
じーっと絵画を見ている私の視線に気づいた一列目の人々は、
はっとしてまず私を見ます...見らんでよか。
私は決してあなたを見ているわけではないんですよー 
あなたの奥にある、あのゴッホの絵を観たいんですよーと心の中で言いつつ。
一列目に行きたいけど行けない状況で...

今やっと真正面にきたんだから、
あのゴッホの絵に再接近しているんだから、観ればいいのに~

絵を観るエリアは、絵から扇型に広がっているというか、
人が多いからじっくり立ち止まって観られないぶん、
その絵画を通り過ぎる時は名残惜しく、振りかえりつつギリギリまで観ていたい、
と思うのですけれど。

せっかくの美術鑑賞ですから、
絵画の真正面に来たら、その絵を観ましょう[グッド(上向き矢印)]
という単純な話。
ゴッホ展に来た、ということだけで満足する人は、
ハイ、二列目以降にまわりましょうね[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

さて、帰り道はもちろん太宰府天満宮。
2011020716460000.jpg

最近は、アジアからの旅行客が多く、
中国語や韓国語が飛び交っていました。
巫女さんも、身振り手振りでお守りの説明をしていました。

境内の梅の花はまだまだで、1本の木に1輪咲いてるか咲いてないかという程度。

2011020716490000.jpg
こちらの紅梅、つぼみはもうピンク色です。
それを見上げた観光客のおじさまが
「イェップダ!イェップダ!(=かわいい、かわいい)」と言っていました。
韓国の人もこれを可愛いと思うんだぁ、よかったぁ、と和んだ
春直前の太宰府なのでした[かわいい]

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 3

のぐちくにを

 国立九州博物館でゴッホ展ですか。いいですね。高橋克彦の小説でゴッホを扱っていたものがありましたが.....
 美術展は、いいですね。先日、フィレンツェのウフィッツィ美術館やローマのヴァチカン美術館にいきました。こちらはとんでもない量と質で圧倒されました。そういえばウフッツィ美術館はネットでみられますね。
http://www.googleartproject.com/
 数日前の朝日新聞にでていたのでみてみました。
by のぐちくにを (2011-02-09 08:13) 

ヨマ練り

お久しぶりです。

明日そちらへお邪魔するので、是非ゴッホ展を見たかったのですが残念ながら時間の都合で無理のようです。。。

そちらも寒いようですね、防寒バッチリしてお邪魔します♪
by ヨマ練り (2011-02-12 16:38) 

yoneko

ヨマ練りさん→コメントありがとうございます。
福岡は真冬に逆戻りの寒さで、油断禁物です。
どうぞお気をつけて。
by yoneko (2011-02-13 08:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。