So-net無料ブログ作成

◆開設◆ 公式HP→ http://yonetani-yoneko.jimdo.com/

[かわいい]cross fm 「Weekend Jazz」(土日)22:00~23:00  ナビゲーター

[るんるん]米谷奈津子です。フリーランスでお仕事しています。お仕事のご依頼など

  このページ左側の メールアドレスで ご連絡をお願い致します[るんるん]

芝居・映画・芝居 ~演劇集団キャラメルボックス~ [完全にお客。]

今から12~3年前にテレビで観て、演劇を好きになったきっかけの作品があります。

そのナマの舞台を初めて観ました[exclamation×2]

【演劇集団キャラメルボックス】『サンタクロースが歌ってくれた』

1989年に初演、92年、97年、2010年と再演されている キャラメルの代表作のひとつ。

西川浩幸さん & 上川隆也さん & 近江谷太朗さんが、

ずーーーーーっと同じ役柄を演じ続けていて、

そういう意味でもスゴイ作品なのであります。

 

私がこの作品を初めて観たのは学生時代。

はじめは、「大地の子」の上川さん見たさにチャンネルを合わせたけど、

いつの間にか、西川さんの大ファンになっていたという衝撃的出会いでした。

 

物語は、

ミステリー映画「はいから探偵物語」の犯人が、スクリーンから逃げ出し、

それを追って、他の登場人物たちもじゃんじゃん現実の世界へ飛び出す・・・。

現実と非現実、大正時代と平成、登場人物のさまざまな感情が見事に交錯し、

テレビを見ていた私は、すっかり心を持っていかれ、ドキドキしっぱなし[ひらめき]

これぞ舞台活劇の醍醐味!です。

 

さて、今回の舞台。

上川さんは、やはり、

かつて観た二人芝居の翻訳劇「ウーマン・イン・ブラック」よりも

 (2008年7月の記事→ http://yonekofrom2005.blog.so-net.ne.jp/2008-07-26-1

軽やかで自由で、それでいてユーモアと重厚感の振れ幅が大きくて、

キャラクターが急変する“物語のキーマン”ぶりは、さすが。

 

近江谷さんは、

「SP」のより「只野仁」の近江谷さんに、バリ近っ。(←ばりちか=博多弁で「とても近い」の意)

登場した瞬間からの弾けキャラは、実は、物語の軸!なのかも!!

後半、物語全体が暗くならないのは、あのキャラがいてくれるから、だと思う!

 

西川さんは、

お2人のタズナをしっかり引いて、物語をひっぱる、超中心人物。

そして、いい声。大ホールでも、客席にスーッと声が届く。

女優陣の坂口理恵さん、岡田さつきさん、實川さんも~

声を張り上げると音がつぶれてしまうこともあるけれど、

西川さんのは息づかいまで聞こえそう。

 

実は、私は社会人になりたての頃、西川さんの「声」の技を学んだんです。

CMナレーションが下手クソで、ガッツーンと壁にぶち当たったとき

西川さんの文章をたまたま発見し、

  ★西川浩幸 「役者の仕事」

  http://www.caramelbox.net/nishikawa/works/index.html

声にどうやって感情を乗せるかを 教わりました。

この文章を読んでから、CMが怖くなくなり、先輩に全く怒られなくなりました[カラオケ]

 

『サンタクロース・・・』で西川さん演じる芥川の台詞、

「何度でもやり直せるんだ。この映画は僕たちのものなのだから」

“映画”が“人生”に置き換わって聞こえたのは、

その感情の置き方によるもの、でしょうか。

 

やっぱり、ナマの舞台はいいものです~

だって、ぜーんぶが「ナマ」なのですから。

同じ作品、同じ役者でも、二度と同じものは作れない、一度きりの舞台。

西川&上川&近江谷&坂口&岡田&大森!!!この豪華ラインナップで、なんと濃い舞台!

坂口さんのドデカイ存在感に惚れ惚れし、

岡田さんの楚々とした姿に驚きました。

演技とは体全体からにじみ出すものなんですね~

 

今回はたまたまなんですけど、昼夜2公演ともチケットが取れてしまったので(!)

結局、13時~と、18時~ 同じ舞台を観てみました。

同じ芝居を2度観るのは初めての経験。当然、同じ物語でも違っていた...。

 

さらに、昼夜の合間の3時間で、くつろぐ&お腹空いた&ちょっと頭を切り替えたい

というわけで、劇場と同じ建物内にあるシネマコンプレックスで映画「SP」を観ました。

 

この日、真木よう子さんのインタビューを放送した私としては、

最近強烈にSPファン。何度でもあのシーンは見たいんですの。そう、あれあれ。

 

お芝居と、お芝居の中の映画と、本物の映画と、再びお芝居と、その中の映画...

体はちょっとくたびれたけど、心が踊った一日。

贅沢というよりも、

人が人を楽しませたくて、真剣に作っているモノが いかに尊いか

ということを7時間くらい、ずーっと感じていました。

(2010.11.13(土) 北九州芸術劇場(リバーウォーク北九州 内)

 

  (▼ロビーにいつもいる みき丸。写真撮影大歓迎。胸には25!)

DSC07127.JPG

  (▼リバーウォークからのぞむ小倉城。紅葉きれい)

DSC07123.JPG

 (▼観劇後のふんわりした気分に、橋のイルミネーション♪)

DSC07131.JPG


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。