So-net無料ブログ作成
検索選択

◆開設◆ 公式HP→ http://yonetani-yoneko.jimdo.com/

[かわいい]cross fm 「Brandnew!Saturday」(土)am.7~11:00

           「Brandnew!Sunday」(日)am.810:45  

       「Natsupedia」(火)14:00~16:30  ナビゲーター

[かわいい]KBCテレビ・ラジオ (月)夜のニュース担当

[るんるん]米谷奈津子です。フリーランスでお仕事しています。お仕事のご依頼など

   このページ左側の メールアドレスで ご連絡をお願い致します[るんるん]

2017年06月| 2017年07月 |- ブログトップ

電話インタビュー! [お知らせ]

お知らせです。

前述の「ぷんぷく堂」店主・櫻井さんが、
23(日)OAの私が担当する番組に
電話で生出演していただけることになりました!

日本文具大賞でデザイン部門グランプリを受賞した
「あなたの小道具箱」を生み出した方は、
どんな思いで受賞を受けとめていらっしゃるのでしょう。

乞うご期待!

[次項有]cross fm 「Brandnew!Sunday」
 23(日)AM 8:25すぎ~ 「ナツコの箱」のコーナー



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

被災地支援『チークポーチプロジェクト』 [お知らせ]

あなたのお部屋に眠っている、化粧品のサンプル(試供品)を、
豪雨の被災地に届けようという取り組みがあります。
【チークポーチプロジェクト】です。

received_1062829177186632.jpeg

生活物資と違い、なかなか欲しいという声が上げにくいのが「化粧品」だといいます。
女性にとっては、肌を手入れすることがストレス解消にもつながるそうです。

主宰するのは、デザイン事務所のプロデューサー、島巻恵理さん(福岡在住)。

そもそも去年、cross fm の番組「K's Wave」のゲスト出演されて、
このプロジェクトを熊本地震の際に初めて実行したというお話をされたんですけど、
私がお会いしたのは、この番組のゲストが集結する年末のパーティーでした。
(私も3年前にゲストで出させてもらいまして)
島巻さんと同じテーブルになり、その活動を知りました。

そして今回。

現地ボランティア、義援金など、様々な支援がある中で、
島巻さんもきっと何か動かれるのではと問い合わせたところ、
今回もプロジェクトを行うという情報をいただきました。

こんなに価値ある情報は、届けなければ。
そのためにメディアは存在しているだと思うのです。

cross fm には、7/15(土)の「Brandnew!Saturday」と、
17(火)の「Natsupedia」にご出演いただき、
熊本に届けた際の現地の様子なども伺いました。

肌の手入れというと女性だけ、と思われがちですが、
男性だって、「肌がカサカサしていたからうれしい」と喜んでくれたお話、
それぞれのアイテム(化粧水、美容液など)を分別した箱に入れて
選んでもらう際に、「選ぶこと」を喜んでくれたお話 etc...


何でもいいから支援をしたいと思う人でも(私を含め)、
なかなか現地までボランティアに行くことは叶いません。
支援したい気持ちだけが溜まってしまう・・・。
そんな時、家にあるもので、82円の郵送代で
少しでも支援ができるとしたら、
こんなにありがたいことはありません。

「チークポーチ」とは、「リスのほっぺ」のこと。
私たちのほっぺが、少しでもお役に立ちますように。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

文房具ラジオ 35.ぷんぷく堂に行ってきたよ! [文房具たち。]

cross fm 「Brandnew!Sunday」(日・8:00~10:45)の
8時台コーナー「ナツコの箱」にて、
文房具愛を語らせてもらっています[黒ハート] 熱くなりすぎても引かないで[あせあせ(飛び散る汗)]


DSC_6007.jpg

「ぷんぷく堂」という可愛らしい名前の
夜にOPENするという文房具屋さんの存在を知ったのは、
文具サイトのFacebookだったか、Twitterだったか、、、
とにかく何かで見つけて、はっとして、
「いつか行こう~[揺れるハート]」と夢見ていました。

でも、千葉県市川市にお店があるため、東京に遊びに行っても、さらりと寄れる場所じゃないし・・・と保留していたのでした。

それがこの度!東京在住(元福岡市民)の友だちと7月6日に行くこと決定!

実はその前日、7月5日には、東京ビックサイトで開催の
「第28回国際 文具・紙製品展(ISOT)」へ、一般人のPRサポーターとして行くことになり(※ISOTについては別記事)、今回の東京旅は、文具漬けにしようと思ったのがきっかけでした。


行くのが決まってから知ったのですが[たらーっ(汗)]
ぷんぷく堂さんの製品「あなたの小道具箱」が、今年の日本文具大賞の優秀賞(グランプリ候補)を受賞されているではありませんか[exclamation×2]
スゴイ~! 偶然!と思っていましたら・・・

DSC_5965.jpg

7月5日当日、ISOT会場で行われた日本文具大賞表彰式で、
ぷんぷく堂さんが、目の前で、デザイン部門グランプリ受賞[exclamation×2]
http://www.isot.jp/Award/
その年の最も優れた文具(機能部門・デザイン部門)に贈られるアワードです。

なんとまあ!
わー、えー、明日行くんだよー!

DSC_5971.jpg
(トロフィーを受け取る、ぷんぷく堂店主の櫻井さん)

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

お店は、市川市の「京成八幡駅」近く、線路沿いにあります。
平日は夕方5時にOPENです。

夜になると、こんな感じ。
DSC_6011.jpg

コンパクトな店内には、店主の櫻井さんの〝思い入れある文具のみ〟が
ぎゅうぎゅう詰め!

DSC_6010.jpg
レトロなえんぴつもあるし、

DSC_6009.jpg
グランプリの小道具箱に、オリジナル文具たち。
この町の小さな文房具屋さんが自ら商品を作るのは、本当にすごいことだと思います。

1つ1つの商品に、店主の櫻井さんが生のコメントをくださいます!
私が触れた商品について、随時、
「あ、それはですね~」
「これ、いいでしょ~!そもそもですね・・・」と。

その思い入れに心が動きます。
ここにあるのはモノではなくコトでした。

こんなに深くて広い文具の海で、
かつて泳いだことがあっただろうかっ!
とすすんでおぼれていく私。

↓↓話し込んだりいろいろして、結局1時間45分滞在し、5,000円弱購入。
DSC_6076.jpg
左から、
・競馬新聞の紙で作った「レポート用紙」(鉛筆との相性バツグン!と説明)
・「大人の落書き帳」(廃番の便箋を半裁してリメイク)
・「あなたの小道具箱」
・町の製本屋がつくった、水平開きのノート(聖書の製本技術で作られてる)
・「おすそわけ袋」

もっといろいろ欲しいという欲望を抑えに抑え、このラインナップ。どうです?魅力的でしょう~~[黒ハート]

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

DSC_6081.jpg
グランプリを受賞した小道具箱は、
50年もつとされる硬質パルプ「パスコ」を使用し、町工場の高い技術で、ひとつひとつ丁寧に製造されています。

パスコを成形するための機械は日本に3ヶ所しかないらしく、
グランプリ受賞後は注文が殺到すると思われますが、
それでも「気長に待ってほしいです~」だそうです。


帰り際、常連と思われるご夫婦がささやかな花束を持って、
「グランプリおめでとう~!」
私と友人を含む、店内のお客4人でパチパチパチと拍手[手(パー)]

なんだろ、この井戸端的な、楽しいノリは!

丁寧につむぎ、作り上げていくことの大切さと面白さ。
それは必ず誰かに伝わっていくということを目の当たりにしたのでした。

DSC_6012.jpg

文具と夢は、ここで開く!

[次項有]ぷんぷく堂 http://www.punpukudo.jp/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年06月|2017年07月 |- ブログトップ