So-net無料ブログ作成
検索選択

◆開設◆ 公式HP→ http://yonetani-yoneko.jimdo.com/

[かわいい]cross fm 「Brandnew!Saturday」(土)am.7~11:00

           「Brandnew!Sunday」(日)am.810:45  

       「Natsupedia」(火)14:00~16:30  ナビゲーター

[かわいい]KBCテレビ・ラジオ (月)夜のニュース担当

[るんるん]米谷奈津子です。フリーランスでお仕事しています。お仕事のご依頼など

   このページ左側の メールアドレスで ご連絡をお願い致します[るんるん]

初めての秋田(5) [観光地巡ります。]

秋田には、「竿燈まつり」という夏まつりがあります。

明るく灯された無数の提灯が、大通りを埋め尽くす光景は
本当に美しいのだそう。

その様子を想像できる施設
【秋田市民族芸能伝承館(ねぶり流し館)】にも行ってきました。
http://akitacity.info/hotSpot/hotSpot.php?hotSpotId=10008

入場料わずか100円で、
ホンっト、楽しい体験ができます~!

IMGP9374.JPG

「ほら、持ってみて」と言われ
image1_5.JPG

独り立ち!?重いし、バランスが難しい。
image2_4.JPG

さらには、肩に!
IMGP9381.JPG
って、動けない。楽しいけど難しいー

祭り本番では、本物のロウソクに火を灯すわけで、
倒れた時に燃えないのか!?と心配にもなりますが、
提灯の下部が開いているため、
倒れかけると底から空気が入って風となり、火が消える、という仕組みだそうです。
IMG_20151030_103621.jpg

祭り本番、ベテランの方は一本足の下駄を履くそうで、
IMG_20151030_103848.jpg
案内の方が (ブラジル公演にも行ったことがあるそう)、履いてくれました!
IMG_20151030_103841.jpg
おおー!

IMG_20151030_094835.jpg
キレイで楽しくて、時間を忘れる施設でした。


[リボン]
さてさて、秋田には、知らないコトがたくさんありました~

■認定試験がっ!
IMGP9315.JPG

■きりたんぽのお祭り!
IMGP9314.JPG

■UFOだって出る!
IMGP9335.JPG

■見たことないタイプのひょっとこ面(ねぶり流し館に展示)
IMGP9399.JPG


めくるめく、満喫の秋田の旅でした。
一生に一度かな~と思って計画したけれど、
またいつか必ず行きたいと思う場所になりました。

今回は行けなかった、
一年中、本物のかまくらを展示する施設「かまくら館」や、
美しい日本海を眺めながら走るJRの列車「リゾートしらかみ」、
秋田内陸縦貫鉄道「あきた美人ライン」にも乗ってみたかったです。

帰ってきて、新聞やTV・ラジオで秋田の話題が出ると、気になって仕方がない!
その土地に足を踏み入れて、その土地の人々とふれあうということは、
つまり、こういうことなのだと実感した次第。

経験こそが宝。
旅で出会った皆さん、一緒に旅してくれた友人に感謝しています。

image1_8.JPG

(完)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初めての秋田(4) [観光地巡ります。]

大好きになった「なまはげ」!
では、こちらは???

IMGP9363.JPG
↑コレ、アタシ。

証拠。
IMGP9365.JPG

【なまはげ館】には、変身コーナーがあって、いろいろ試してみたのです。

IMGP9360.JPG
みんなが作ったなまはげの展示も。
IMGP9358.JPG
IMGP9359.JPG
人間の大きさなので、なんだか不思議な雰囲気。

こちらは韓国の人気俳優イ・ビョンホンが、撮影で身につけたというなまはげ。
IMG_20151029_163703.jpg

なまはげの解説とか
IMGP9368.JPG

小惑星「なまはげ」の解説もあります。
IMGP9371.JPG


[位置情報]他にも、いろんな なまはげ♪

入道崎からなまはげ館に向かう道すがら。「歓迎 伝統と効き湯の郷」
IMGP9336.JPG

秋田空港では、秋田県のマスコット「スギッチ」とともに。
IMG_20151030_122132.jpg

空港のお土産売り場の入口にも。
IMG_20151030_122652.jpg

1つとして同じのがないから、見かけると「あー!」って近づいてしまう。
なまはげ愛に火がつきました!

(→つづく)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初めての秋田(3) [観光地巡ります。]

さて!ついに念願の【なまはげ館】に到着。

【なまはげ館 & 男鹿真山伝承館】
https://www.namahage.co.jp/namahagekan/
IMGP9340.JPG

建物に入る前にも、あっちこっちに「なまはげ」がっ。
IMGP9339.JPG

IMGP9341.JPG

「なまはげ館」は、いわゆる資料館。
なまはげ実演は、隣接する「男鹿真山(しんざん)伝承館」で見ることができます。

こちらが伝承館。男鹿地方の典型的な古民家(曲家・まがりや)だそうです。
IMGP9343.JPG

私が訪れた10月は、9:00~16:30スタートまで、1日13公演も!
本物のなまはげ行事は大晦日だけだけど、
ここに来れば、いつでも見られるのです。カンゲキ。
(注:12月~3月は土日祝のみ)

靴を脱いでお座敷にあがると、
係りの方が、なまはげの語源などを説明してくださいます。
IMG_20151029_161951.jpg

「なまはげ」の語源は、「なもみを剥ぐ」。
「なもみ」とは、囲炉裏端にじーっとしてると手足にできる赤い斑点(低温やけど)のようなもの。じーっとしてる = 怠けている、ということで、
その「なもみ」をはぎ取る、つまり、怠け者を戒めるのが「なまはげ」なのだそう。

民俗行事であるなまはげは、現在も男鹿地区の約70ヶ所で行われているそうです。
地元の人でなければ、なかなか見ることができないのだけれど、
広く観光客にも知ってもらいたいと、伝統としきたりを厳粛に守り伝えている
「真山(しんざん)地区」のなまはげ習俗を体験できる施設が作られたのだそうです。

なんとなーくしか知らなかったなまはげが、ぐんぐん立体的になっていきます。

この日最後の公演(16:30~)の観客は、私と友人を含め計5人。

では、いよいよです!
まずは、この家の主人が座り、続いて、大きな音を立てながら
「なまはげ」登場!!!!!!!!!!!

IMG_20151029_161647.jpg

うわわわー!!
お面が予想以上に大きくて、怖っ!

一旦座りまして。
IMG_20151029_161120.jpg

主人が、お酒をついだ後、掛け合いが始まりました。

な) 「この家の子供は、勉強しないらしいが本当か!?」(←以下、ぜんぶ秋田弁)
主) 「いえいえ、そんなはずはありません」
な) 「遊んでばっかりいるらしいが、どこにいるんだ?」
主) 「部屋で勉強していると思います」

な) 「この家の嫁は、嫁いで来た頃は良かったが、
   今は夜は遊びに出かけるそうじゃないか!」
主) 「そんなはずはありません。よくやっていますよ」
な) 「朝寝坊して、朝ごはん作らないそうだな」
主) 「いえいえ、ちゃんと起きますよ」

といった問答が繰り返されます。
なまはげの手元には「ナマハゲ台帳」があって、
なんでもその中にすべて記されている・・・らしいです。

IMGP9356.JPG

これがですねぇ、全部秋田弁ってのが、いいんだわ~
ちょっとわかんない部分もあったりするんだけど、
秋田弁の響きを、ビリビリ体感できます。

動画、撮ってみました。



最初の注意事項で、
「なまはげの居る座敷には、絶対に入らないでください」と言われたのに・・・


なまはげは、こっちの座敷に入ってくるや---ん!なんで??

突然来るからびっくり仰天。
私は腕を掴まれ、「お前が嫁っこかぁ?」と聞かれます。

image1_4.JPG
「きゃぁぁぁーー!」と、笑うしかないわけで。
ご主人が「この人は違います」と止めてくれました。

私の次は隣に座ってた友人へ、そしてまた隣のグループの女性へと
「お前が嫁っこかぁ?」は続く・・・。
きっと女性と子供はこのように「お前かぁ?」と問われるのでしょう。

なんやかんやで、大騒ぎして、写真撮って、楽しかった~

IMG_20151029_161702.jpg
ちなみにこの写真は、私がシャッター切るまで「待ってくれたなまはげ」の図。
優しいんだなぁ。

料金は、「なまはげ館」と「男鹿真山伝承館」の両館共通で・・・
ナント800円!こんなに充実しているのに、です。

なんどでもいぎでえなあ。

(→つづく)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

地震発生から3週間 [今日のできごと。]

熊本で最初の震度7の地震が発生してから、3週間がたちました。
前震、本震、さらに、強い余震が今も続いています。

福岡県は熊本県のお隣ですが
私の周辺では大きな被害もなく、
KBCの報道フロアが、時に緊迫する以外は、
ありがたいことに平穏に暮らしています。


震災直後にいち早く動き出した福岡市の救援物資受付。
(現在は終了)
IMG_20160419_125954.jpg
4月19日 11時半すぎ、自宅にあったタオルとウィダーインゼリーを
旧大名小学校に持っていきました。
次々に、多くの人が車・徒歩で物資を持ってくる中、
ボランティアスタッフの皆さんの仕分けの素早いこと。
この日すでにトラック4台が出発、午後も4tトラックへ詰め込まれました。


cross fm 『Brandnew!Sunday』の文房具コーナー「ナツコの箱」では、
「一緒にくまモンを描こう。何も見ずに!」の企画を実施しました。

見本を見ずに、最初に描いたのは、こんなの。
kumamon01.jpg
黒く塗って、ほっぺを赤くしたら、それっぽくなったけど!

お手本を見て、描いたのは・・・
kumamon02.jpg

さっきと、ぜんぜん違いますねぇ。。。
でも違ってもいい。熊本の人たちのことを思いながら
描いて塗っていくことが、目的です。


翌週は、熊本県のキャラクター「めじろん」を、
「お手本を見ながら一緒に描こう」の企画。

mejiron01.jpg
mejiron02.jpg

お手本が見られない人は、私が説明しますから~とか予告しときながら、
絵を説明しながら、自分で初めて描くのは、とっても難しい!
大雑把になっちゃいました。

めじろんは、2008年大分国体の時に誕生した、
大分県応援団“鳥”(おうえんだんちょう)で、
公式プロフィールによると、
身長が、乾しいたけ 20.08個分、
身長が、かぼす 200.8個分   だそうです。いいですね~


これからも、ラジオで一緒に、
「くまモン」「めじろん」を描いていきたいと思います!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感